美白化粧品を選ぶポイントを解説します

肌で試しながら自分に合う美白成分を選ぶ

アルブチン、油溶性甘草エキスなど、美白成分にもいろいろな種類があります。なかでも、厚生労働省が医薬部外品として効果を認めたものは9種類あります。また、認可成分以外にも多くの成分が使われています。メーカー独自に開発した成分も含めると、無数に出回っているのはよく知られていることでしょう。どれが効果的とか、どれが強いなどというものではなく、人によって効果の出方は違います。また、肌に合う、合わないもあり、合わない場合はかぶれることも、もちろんあります。そのため、自分の肌で試しながら選んでいくしかありません。ちなみに、美容皮膚科でよく使われるのは、ビタミンC誘導体、カモミラET、油溶性甘草エキスです。なお、「美白」というと、漂白のように「なんでも白くするもの」と思う人がいるようですが、それは間違いです。メラニンの生成を抑えるのが美白成分ですから、皮膚の黄色みやニキビ痕の赤みなどメラニンでない色は消せません。

 

美容液かクリームタイプを使う

美白家用品には、化粧水、クリームのほか、パック、スポッツ型(部分使用するもの)、さらには、美白効果をうたった石けんやファンデーションなど、いろいろな形があります。これらはどう違うのでしょう。基本的に化粧品というものは、「形」より「成分」が重要です。美白成分のどれかが入っていなければ、美白化粧品と呼ぶことはできません。まずは美白成分がきちんと入っているものかどうかを確かめましょう。通常は、化粧水より、は美容液やクリームに多めに配合されているものです。美白パックは高価なものが多く、有効性分もそれなりに入っていることが多いのですが、そのようなものをたまに使うよりは美容液などで毎日続けられるものを選ぶほうがよいでしょう。

毎日の習慣に

スポッツタイプも良いのですが、そもそもできてしまったシミを消すというよりは、これからできるシミを予防するためにあるので、部分使用よりは顔全体に毎日使えるもののほうがよいでしょう。 石けんのように洗い流してしまうものに美白成分が入っているものもありますが、それでは意味がありません。成分の安定性や浸透性などを考えますと、「ついでに美白」にはちょっと無理があるかもしれません。やはり、美白本来の目的を追究したものというと、美容液かクリームに行きつくことが多いと考えてください。選ぶときは、試供品などを使って、使用感がよいもの、肌にとって邪魔にならないような感触のものを選びましょう。価格的にも無理のないものがよいでしょう。ただし、極端に安いものでは残念ながら効果もそれなりになってしまします。

 

美白ならばポーラ化粧品がお勧めです