化粧水の保湿成分とつけ方を解説します。

クレンジングや洗顔によって失われた水分を補うのが化粧水です。保湿成分が配合されている化粧水なら肌に浸透して潤いを保ってくれるのです。洗顔後はどんどん肌から水分が失われていくので化粧水はすぐにつけてください。90秒以内がひとつの目安です。

 

手で付けるのがいい

肌に一番やさしいつけ方はあなたの手でつけることです。実際に触れながら肌の状態がチェックできて手の熱で肌が温まって血行を良くしてくれます。手に取った分をそのままつけられるんじょで化粧水を無駄にしないというメリットもあります。ただ、手でついけるとどうしても細かいところを塗りそびれてしまうという欠点もあります。その点、コットンはすみずみまで化粧水を届けることができます。ただ、ケバだった繊維が肌を傷つけてしまう恐れがあるので使う場合はコットンに化粧水をたっぷりと含ませてこすらないように肌の上をすべらせるようにしましょう。たたくような強すぎるパッティングはよくありません。赤ら顔やシミの原因になるので避けましょう。

 

保湿成分を目的としたものを選ぶ

基本成分は水、アルコール、グリセリンなどの保湿成分と香りを良くするための香料です。その他にもビタミンC誘導体やアミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド等のが配合されているものもあります。また、保湿を目的とした一般的な化粧水以外にも白くハリのある肌をつくる美白化粧水、乱れたキメを整える収れん成分のはいったもの等があります。肌の悩みに応じて必要なものを追加すると良いでしょう。

 

保湿効果の高い成分

 

ビタミンC誘導体

ビタミンCは保湿、美白、抗酸化、コラーゲンの生成を助ける等の作用を持ちます。肌に浸透しにくいのが難点です。誘導体にすることで吸収しやすくしました。色素沈着を防ぐシミやソバカスを薄くする効果等があります。

 

ヒアルロン酸

皮膚の真皮にあり、これが入っている化粧水をつけると吸い付くような感触を味わえます。

 

コラーゲン

真皮の主成分で皮膚のハリや弾力をつくり、水分を保ちます。

 

セラミド

表皮にあり、角質細胞をつなぐ役割をしています。紫外線や加齢で減少します。コスメやサプリで摂る必要があります。

 

グリセリン

天然の府負成分で肌への馴染みやすべりがよく、しっとりとした潤いを与えてくれます。

 

ポーラ化粧品の化粧水は美白に加えて豊富に保湿成分をもっていますので、お勧めです。こちらに口コミなどが記載されているのでみてください。