紫外線が肌に与える影響を解説

肌にもっとも悪い影響を及ぼすのが紫外線です。米国皮膚科学会では老化の80%が紫外線による影響だと考えられています。紫外線を浴びると皮膚の中で活性酸素が発生します。活性酸素は細胞にダメージを与えて活動を弱めると共に、コラーゲン繊維、エスラチン繊維などを分解する酵素の産生を促進します。その結果、肌が乾燥したり、しわやたるみを生じやすくなります。そのため、紫外線は肌の老化を促進することになります。

 

肌に影響する紫外線の種類

太陽は波長のことなるγ線、X線、紫外線、可視光線、赤外線を放出しています。その中でも紫外線はA波、B波、C波の3パターンに分かれます。

 

A波(UV-A):長波長(320〜400nm)
B波(UV-B):中波長(280〜320nm)
C波(UV-C):短波長(280nm以下)

 

UV-Aがもたらす影響

波長の長い紫外線A波は真皮中層にまで到達します。日常生活の中、知らず知らずの間浴び続けることで皮膚への影響をお越し、真皮内の繊維質を編成させシワ、タルミの原因となります。

 

UV-Bがもたらす影響

主に表皮に存在し肌が黒くなり乾燥、しわ、肌あれにつながります。ほとんどが散乱・吸収しますが、肌に与えるダメージは大きく皮膚を赤くさせます。細胞の遺伝子に傷をつける紫外線です。肌の赤みが引いた後にメラニンが生成されてシミになります。肌が黒くなってゴワついたり、角層中の水分が減少して肌荒れ状態になります。

 

サンバーン

日焼で赤くなることです。UV-Bによるもので、紫外線を受けた部分が赤く炎症を起こし、。ひどいときには水泡ができます。紫外線を受けてから8時間から24時間でピークに達し炎症は数日間つづきます。サンバーンを起こすほどの日焼は遺伝子の損傷も伴い、繰り返すと皮膚がんの要因にもなるので注意が必要です。

 

サンタン

日焼で黒くなることです。UV-AとUV-Bの両方によるもので、紫外線照射後だいたい72時間からメラニン生成がはじまり1ヵ月以上黒みがつづくこともあります。生成されたメラニンは皮膚のターンオーバーと共に数か月かけて排出されますが、排出しきれずに残るとシミになります。また、繰り返し紫外線を浴びるとメラノサイトの数自体が増えて肌はより黒くなり、シミだけでなくホクロができることもあります。

 

こんな怖い紫外線で傷ついたお肌を美白状態にしてくれる化粧品がポーラの美白シリーズです。こちらをご参照ください。